二種類の高須クリニックの植毛方法

2015-06-25

二種類の医療植毛

高須クリニックは言うまでも無く美容整形の権威であり、その美容整形の着十を最大限に活かすことができる薄毛治療こそ医療植毛です。

美容整形における植毛方法としては人工植毛という選択肢もあるのですが、薄毛の治療法としては一度植毛して発毛することが無い人工植毛はお勧めできません。

そうなると選択肢として自分自身の毛根と頭髪を採取して移植する自毛植毛が挙げられるのですが、高須クリニックではこの自毛植毛を更に二種類の方法を用意し、自由に選べるようにしています。

その二種類の医療植毛とは、1つが一般的な生毛植毛法であり、もう一つがそれよりも定着率が高い単一生植毛法です。

一般的な生毛植毛法

ただの生毛植毛法は本当に特別なことは無く、患者当人の側頭部や後頭部と言った薄毛になりにくい部位から頭髪を毛今後と摘出し、薄毛となった部位に植毛するだけの医療植毛です。

この施術は毛穴から毛穴に毛根を移し替える竹なので比較的傷痕も少なく、頭皮にダメージを与える事無く自毛植毛を行なう事ができます。

ただし、この一般的な生毛植毛法ではどうしても移植した頭髪の定着率がそれほど高くならず、せっかく移植したのにそのまま抜け落ちたまま発毛しないリスクもあるのです。

定着率の高い単一生毛植毛法

そこでその従来の生毛植毛法から単一生毛植毛法という九割以上の定着率を誇る医療植毛が開発されました。

この単一生毛植毛法は後頭部から毛根を皮膚毎切り取って数本の毛根に株分けをしてから、薄毛部分に移植すると言う方法です。

皮膚を切り取る以上、生毛植毛法よりも頭皮への負担が大きくなることは当然ですが、それでも九割以上の定着率は非常に魅力的と言って良いでしょう。

一度移植した毛根が定着すれば、後は自然に発毛し、しかも薄毛になりにくい後頭部の頭髪なのでその部位が薄毛になる心配をする必要がほとんどなくなります。

移植する頭髪の数は限られていますが、それでも医療植毛は薄毛の治療法としてかなり有効な施術であることは確かです。

Copyright(c) 2015 高須クリニックの治療方法 All Rights Reserved.